求愛給餌

求愛給餌

今日、はじめてカワセミの求愛給餌シーンを見ました。
雄と雌が鳴きあいながら、餌取りをしていたところを撮影していたのですが、
いきなり始まったので、びっくりしました。
あまり予測してなかったので、慌ててカメラを向けての撮影でした。
ブロ友のscarletが、このシーンを撮影するときは雌のから目をはなさないで
雌に焦点を合わせて待つこと。とアドバイスをいただいてたのですが、頭から飛んでました。

しかし、目の前で見れたのでほんとうにラッキーでしたし、嬉しくてたまりません。
少し距離があったのと、ピントが微妙に合っておりませんが、このシーンを納められただけで
満足です。^^

この求愛給餌というのは、同じペアで何回か行なうものなのでしょうか?
それとも人間のプロポーズのように、一回きりなのでしょうか?
ご存知の方は教えてください。出来れば改めてもう一度撮りたいと思っております。


求愛給餌のシーンと感じたのはこの場面からでした。
左上の雄のカワセミが餌をくわえたままで、下の雌のほうを眺めてます。
aIMG_8805.jpg
雌も雄の方を見ているのですが、お互い動こうとしません。

aIMG_8807.jpg
いきなり雄が雌のところへ飛んできて餌を差し出してます。
しかし、雌は受け取ろうとしません。

aIMG_8808.jpg
ホバりながらもう一度角度を変えて試みる雄のカワセミくん。

aIMG_8809.jpg
しかし、なかなか受け入れてくれない様子です。

aIMG_8815.jpg
一旦、もとの枝にもどる、雄のカワセミくん。

aIMG_8821.jpg
おっと、そこへいきなり雌が飛んできて受け入れてくれた様子です。

aIMG_8822.jpg
右側の飛びながら餌をもらおうとしているのが、雌です。

aIMG_8824.jpg
雄も枝から落ちそうになりながら、頑張って渡そうとしています。
あともう少しだ!

aIMG_8825.jpg
無事に餌を渡せました。
このあと、雄のほうは恥ずかしかったのか、飛んでいきました。
雌のほうは、満足そうな表情でしばらく枝に止まっておりました。
この調子でいくと、今後は抱卵、そして巣作りといった流れになるのでしょうか。
楽しみです。

この後、急に雲行きが怪しくなって、雨が振り出しましたので撤収しました。
明日も朝一番に行ってみようかなと、思っております。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

タイトル

不順な天候にも関わらず、決定的瞬間を撮影することができて良かったですね。
ツキも実力のうち!!

タイトル

>kingfisherさん
たしかに、ツキや運もありますね。
kingfisherさんとご一緒のときは、今までもツキが多いですね。^^
これからもよろしく!!

素晴らしいですね。

J.Jさん

空中求愛給餌なんですね。素晴らしいシーンを撮影できたと思います。
ひょっとすると本当の意味の初めての求愛給餌なのかも知れません。
いろいろな説があり、求愛給餌をして初めてカップルになってそれから
巣穴堀を一緒に始めるのだと言うのと求愛給餌は巣穴堀りが終わって
これから交尾に入る前の儀式なのだと言うのがあります。

雄が雌に餌を与えるシーンは雌の身体に卵を作り産卵する頃から雌が
決まった場所で待機してじっとしていて、自分から餌を捕らなくなります。
餌は定期的に雄が運び与えます。与えた直後に隙を狙って?雌の背後から
乗っかって交尾します。日によっては数回交尾します。
この行為は毎日1個づつ卵を産んで4-7個位、その場所の餌場の環境で
産卵数も変化するようですが続きます。

そういう理由で、ひたすら待っている雌を待って撮影すると給餌と交尾が
撮影できます。
撮影方向も給餌は真正面(止まっている枝に平行方向)から撮影出来ると
両方の目も見え綺麗な形で撮影できますが、交尾は正面より45度から
90度(止まっている枝の延長戦上が90度)の位置で撮影すると恰好が
良い画になります。と言う事は給餌を撮影したら素早く位置を変更すれば
理想の位置になります。

給餌は位置を選ばないとお互いの身体で与える魚を隠してしまう事に
なるので、理想の位置は枝と平行ということになりますが交尾は
撮影範囲が広いようです。

とりとめもなく書きましたが、これから1週間ー10日位の間、雌の
常置場所さえ見つければチャンスはいくらでもあります。
雄は魚を咥えて飛んでくる時に必ず鳴き交わしながら飛んできますので
その声を聞いて準備し、枝に止まる直前からシャッターを切り続ければ
フレームインのシーンも撮影可能ですので工夫してみて下さい。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

タイトル

>scarletさま
カワセミの生態については、まだまだよくわからないことが
いろいろありますが、この時期は非常に貴重な時期であることは
間違いなさそうですね。
週末でしか、撮影できないのが残念です。

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索