今日もMFへ直行

今日もMFへ直行

先月から、ふもとでは楽しませてくれましたが先週からカワセミは現れなくなり、
このところは、ホームグラウンドでもある公園池に行きました。
6時20分に到着。今日はなかなかすぐには来てくれませんでした。
最初に現れたのは、8時過ぎでした。

昨日撮影していた、止まり木に焦点を合わせていたのですが、今日は一度も
そこには止まってくれませんでした。
昨日の幼鳥ではなく、別のカワセミ二羽がお相手してくれました。

dIMG_3901.jpg
ISO:1600  SS:1/1000秒  EV:-1.33  絞り優先  部分測光  マニュアルフォーカス撮影
被写体までの距離が約30mくらいです、距離があるので被写界深度も多少深くなることから、
置きピンでの撮影でも、結構ピントはずれは少なかったと思います。

dIMG_3921.jpg
ISO:800  SS:1/3200秒  EV:-1.67  絞り優先  部分測光  マニュアルフォーカス撮影
太陽がまともに当たりだしたので、瞬時にISOや露出の調整を行いながらでの撮影です。

dIMG_3941.jpg
ISO:800  SS:1/4000秒  EV:-1.33  絞り優先  部分測光  マニュアルフォーカス撮影
理想の条件となったのですが、飛び込みの際での撮影では追い撮影をすると、うまく被写体に合わず
思ったような明るさや色合いが出ないことが多いです。

dIMG_3951.jpg
ISO:800  SS:1/4000秒  EV:-1.33  絞り優先  部分測光  マニュアルフォーカス撮影
久々に静止画っぽい写真が撮れました。少し嘴を開けて飛んでいました。

dIMG_3981.jpg
ISO:800  SS:1/200秒  EV:-2.0  絞り優先  部分測光  マニュアルフォーカス撮影
バックは水面で、ちょうど影で暗いイメージなので、カワセミが浮き出てきれいなのですが、
バックの暗いところで測光されるのか、SSが1/200秒と上がりません。
ISOはこの絵では絶対に上げないでクリアな絵を求めましたので、800を貫きました。

dIMG_3987.jpg
ISO:1600  SS:1/640秒  EV:-2.0  絞り優先  部分測光  マニュアルフォーカス撮影
飛び込みそうだったので、急いでISO設定を変えての撮影です。但し、前後に飛び込まれたので、
ピントがブレてしまいました。
scarletさんのように、瞬時にどちら側に動いたかを見てヘリコイドを動かしてピント合わせを
行なう高度な技はわたくしにはまだ無理です、修行が必要です。

dIMG_4061.jpg
ISO:800  SS:1/2500秒  EV:-1.33  絞り優先  部分測光  マニュアルフォーカス撮影
これは横方向への飛び込みでしたので、ピントのブレは少なかったです。

dIMG_4069.jpg
ISO:800  SS:1/2000秒  EV:-0.67  絞り優先  部分測光  マニュアルフォーカス撮影
一度上方向へ飛び出してからの飛び込みです。ホバってくれたら嬉しかったのですが。

dIMG_4073.jpg
ISO:800  SS:1/2000秒  EV:-0.67  絞り優先  部分測光  マニュアルフォーカス撮影
戻ってきて杭に止まる手前です。

dIMG_4082.jpg
ISO:800  SS:1/4000秒  EV:-0.67  絞り優先  部分測光  マニュアルフォーカス撮影
飛び込んで、戻ってくるところですが、羽をたたんでロケットのようになってます。

dIMG_4096.jpg
ISO:800  SS:1/4000秒  EV:-0.67  絞り優先  部分測光  マニュアルフォーカス撮影
同じく戻りシーンですが、羽を広げてなかなかきれいなポーズです。

dIMG_4151.jpg
ISO:1600  SS:1/400秒  EV:-0.67  絞り優先  部分測光  マニュアルフォーカス撮影
何故か枯れた葉っぱを咥えて戻ってきました。奥まったところで、非常に暗い場所なので
これが限界です。まだよく撮れたほうだと思います。

dIMG_4165.jpg
ISO:1600  SS:1/800秒  EV:-0.67  絞り優先  部分測光  マニュアルフォーカス撮影
水面から飛び上がったシーンです、水しぶきが飛散しています。



結局、この日はこの後出が悪くて12時過ぎまで粘りましたが、やって来てくれませんでした。
でもまだボウズではないので良しとしないといけませんね。
また次回を楽しみします。

ではまた。



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

タイトル

暗い背景での撮影、おつかれさまでした。
やはり明るくて近いフィールドも必要ですね!

タイトル

>kingfisherさん
やはり明るい状況での撮影は最大の魅力ですね。
ふもとは明るさや距離的にも、いい環境だったのですが。
また探しましょうね。

初めまして

初めまして、当Blog「森の青葉」にご訪問いただき、ありがとうございます。
カワセミの飛びもの良い感じですね。小生は、止まりものばかりです。
以前は、飛びもの狙いでしたが難しくて手に負えません。
BORG 77EDⅡで、焦点距離ばかり伸ばしています。
BORGは楽しいですね。今後とも宜しくお願いいたします。

タイトル

>青葉さん
コメントありがとうございます。
同じBORGをお使いなので、これからもいろいろと
情報交換なども出来れば楽しいですね。
よろしくお願いいたします。

辺コメ送れてすいません。

うあー丁寧に撮影されていて綺麗ですね。
30m距離があるので被写界深度は深くなりますがその分
手ブレが利いてきますので大変でしょうね。
2枚目のシーン綺麗で珍しい格好で好きです。
最近の中川氏のBlogにありましたが後ろに飛ばないような
場所では置きピンを少し前に持ってくると飛翔撮影がうまく
いくとコメントされていましたがこれも工夫次第だと思います。
3枚目のような場合は有効だと思います。

先週末はカワセミ撮影と家内と猿ケ京へ温泉旅行に月、火と
行ってきました。そのため自分の写真整理も未だ月曜日分が
出来ていません。旅行の朝も当然出撃しました。
カワセミ病はどうしようもありませんね。

タイトル

>scarletさん
いつも丁重なコメント、ありがとうございます。
奥様との温泉旅行、いかがでしたか?温泉旅行は何年も行った記憶が
ないくらいご無沙汰です、羨ましいです。
ご指摘の通り、このポイントは距離があって被写界深度が深くなる分
前後でのピントずれは減少しますが、ブレや解像度的には神経を使いますね。
3枚目のように手前に飛び込むシーンでは、scarletさんがおっしゃってた
瞬間的にヘリコイドを時計回りの逆方向に回す手法を試してみたいのですが、
なかなかその場になると出遅れてしまいます。
一度試してみますね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索