今日も、ふもとからMFへ

今日も、ふもとからMFへ

今日もまずふもとへ様子を見にいきました。
辺りを一通り探してみたもののカワセミの姿は発見できませんでした。
しばらく待ってみることにしました。
しばらくすると、下流から鳴き声とともに一羽のカワセミが川面の水面ぎりぎりの
低空飛行でこちらの方へやってきました。
誰なのかな?と体や顔などを見ましたが、マルコのようで、違うようでもあり
はっきりとは判別できませんでした。

やはりまだ辺りが暗いので、飛翔シーンの撮影は厳しい状況でした。

【本日の撮影機材】BORG77EDⅡ+CanonEOSkissX3 マニュアルフォーカス
dIMG_4620.jpg
ISO:1600  SS:1/500秒  EV:-0.33  絞り優先  部分測光

dIMG_4623.jpg
ISO:1600  SS:1/640秒  EV:-0.33  絞り優先  部分測光
やはり 1/640秒では鮮明な動きシーンは厳しいです。

dIMG_4721.jpg
ISO:800  SS:1/250秒  EV:-0.67  絞り優先  部分測光
すこし下流に移動して枝に止まったところです。
まずはISO:800に切り替えて止まり物の撮影。そして飛び込みに備えてISO:1600へ切り替え。
このパターンです。

dIMG_4738.jpg



そしていつもの公園池のMFへ移動しました。
まだどなたも来られてなく、カワセミの姿もございませんでした。

dIMG_4758.jpg
ISO:800  SS:1/640秒  EV:-0.33  絞り優先  部分測光
この撮影場所は木の枝や葉が多く、被ってしまうことが多いですが、たまたま間から抜けた写真が
撮れました。飛び込んだ後で見事に魚を捕ってました。

dIMG_4815.jpg
ISO:800  SS:1/125秒  EV:-1.33  絞り優先  部分測光
1/125秒ですが、置きピンが顔に合ったので羽はぼやけていますが、綺麗に捕れました。
本日のお気に入りです。

dIMG_4829.jpg
ISO:400  SS:1/3200秒  EV:-2.0  絞り優先  部分測光
太陽の日がまともに当ったので、綺麗に撮れました。
露出を-2.0まで下げて白飛びを防ぎました。

dIMG_4873.jpg
ISO:800  SS:1/160秒  EV:-0.67  絞り優先  部分測光
またしても暗いところへ移動したので、調整を行なってなんとか撮れました。

朝晩がめっきり冷えてきたので、夜も寝やすくなりましたね。
撮影も汗をかくことが少なくなりました。いよいよこれからは秋で涼しい中での
撮影となりそうです。

ではまた。





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

タイトル

ふもとの雌カワセミは結構長くその場所にいたのでしょうか?
カワセミまでの距離が近いのが魅力ですね!

タイトル

>kingfisherさん
今日は早朝の6時半頃から30分くらい居ました。
前のようにずっといないので、タイミングが合えばお相手してくれますよ。
この距離は魅力ですよね。

タイトル

丁寧に撮影されていていつも感心して拝見しています。
今回もSSがあまり早くないのに良く撮れたシーン満載ですね。
4815の枝に止まるシーンはISO:800  SS:1/125秒と言う
驚異的なSSであれだけ撮影出来ると言うのはフォーカスが
確実に合っているから出来る業なんだと思います。
私はSS800以下は殆ど飛び物は諦めてしまうのでこういう
シーンはまず撮れないですが、機会があれば挑戦してみます。


タイトル

>scarletさん
ほんとにいつもお褒めをいただき、ありがとうございます。
確かに、SSが1/125秒の世界でのあの写真はまぐれだと思います。
止まる瞬間というのは体部分は静止に近い状態になるので、
あのような写真が撮れたのではないかと思います。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索