羽を広げた飛翔シーン

羽を広げた飛翔シーン

もう春のような陽気ですね。
今日は朝一番はすこし寒かったですが、陽が出だしてからは
春のような陽気となりました。
今日の撮影は逆光での羽を広げた飛翔シーンがテーマです。
後ろからの絵となると、前後の直線ラインでの動きとなるため、
置きピンでまさにピンポイントだけのフォーカスチャンスとなります。
なかなかうまく撮れません。

7IMG_4160.jpg
枝に止まる直前を置きピンで撮影しています。

7IMG_4232.jpg
枝から30~40cm手前にフォーカスを合わせていますが、枝に合わせると羽を広げた
絵が撮れません。

7IMG_4344.jpg
これは向こう側に飛び込み、水浴びして戻るシーンです。

7IMG_4334.jpg

7IMG_4257.jpg
これが本日のベストです。

7IMG_4589.jpg

7IMG_4681.jpg


なかなか難しい撮影です、当分これにはまってしまいそうです。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

お疲れ様でした。

羽の透かし・・・・決まったら綺麗ですね

あの後、2時過ぎに雄がやってきましたよ。

NoTitle

枝に戻るシーンですがどちらから戻るか判らない場所のようで
撮影する置きピン位置が大変ですね。
距離はどのくらいなんですか。被写界深度があれば枝に合わせれば
良いのでしょうがコメントから察すると10mもない場所なんでしょうね。
こちらの場所ではこのような条件の場所が無いので珍しいシーンが
多く楽しませていただきました。

NoTitle

逆光で羽が透けているシーンが素敵です。
写真を拝見していると水平移動が無いので置きピンもピンポイントじゃないとダメなんですね。難易度高そうです。その分、はまったときの喜びが大きいんでしょうね。

NoTitle

tobuzonさん
そうなんですか、雄やって来ましたか。
残念、もう少し粘るべきでしたね。
でも無事でよかったです。

NoTitle

scarletさん
コメントありがとうございます。
この場所はおよそ8m弱くらいの距離で、被写界深度の
影響で、どのあたりに置きピンするかで決まってしまいます。
カワセミの羽を広げた瞬間に狙いを定めているので、フォーカスが
うまく合っていても羽が閉じていたりで、なかなか宝くじを当てるような
感じです。

NoTitle

codyさん
そうなんです、水平ライン上なら比較的うまく撮れるのですが、
縦の移動ラインなので、しかも羽を広げたところを狙っているため、
ほんとうに限られたピンスポットを狙わなければ撮れなんです。
でも、入ったときはニヤニヤものです。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索