FC2ブログ
 

三羽仲良く

三羽仲良く

いつものMFでは現在では、三羽のカワセミが確認できます。
一羽は成鳥で雄のカワセミ。それから二羽の幼鳥がいます。この幼鳥は時期が少し離れて
生まれたような気がします。
本来であれば、互いにバトルを行なってテリトリー争いを行なうはずですが、この三羽に関しては
いまのところ、バトルを行なっておりません。各自で自由に水浴びや餌取りなど行なっています。
ところが、今日は幼鳥の二羽が盛んに鳴きあいながら、一緒に連れ立って飛び回ったり止まったり
してました。いまいち状況が理解できません。

早朝の6時過ぎから12時半まで、楽しませていただきました。
このポイントは木の陰で撮影ができるのと、風が通る場所なので今日のような猛暑でも汗だくに
なることなく過ごせました。^^

【撮影機材】BORG77EDⅡ+CanonEOSkissX3+kenko 1.4Xテレコン マニュアル撮影

cIMG_5857.jpg
ISO:1600  SS:1/1250秒  EV:-2.0  絞り優先  スポット測光
直射日光がもろに当たっているので、白ボケ気味です。

cIMG_5938.jpg
ISO:800  SS:1/1250秒  EV:-2.0  絞り優先  スポット測光
シャッタースピードが欲しいので、露出を最高まで下げての撮影です。アンダーな絵になりました。

cIMG_6007.jpg
距離およそ30mほどのところでの撮影。後ろからカラスが近づいてきたのですが、全く気がついていません。
このあとカラスが更に近づいて初めて気付き、慌てて飛び去りました。

cIMG_6061.jpg
杭のうえから餌を見つけて、飛び込む直前で、前のめりになっています。

cIMG_6130.jpg

cIMG_6206.jpg
本日のお気に入りの一枚です。

cIMG_6296.jpg
暑いのでしょうね、羽をだらりと伸ばしてます。



Naさん、Waさんお疲れ様でした。
またよろしくお願いいたします。
ではまた。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

タイトル

素晴らしいしーんばかりでバックが黒く画も閉まって
みえます。綺麗ですね。
飛び込む前の前のめりも躍動感あって素晴らしいです。
J.Jさんの腕の上がり方は凄まじく関心させられます。
私はどうも日の丸構図が圧倒的に多いのですが
私が大好きな6206の枝に止まる前のブレーキシーン
こういう置き方もあるんだと勉強になりました。
最近順調にカワセミに会えているようで次のシーンを
期待しています。

タイトル

>scarletさん
6206の写真は本日の一番のお気に入りなんです。
連写が秒コマ3~4枚なので、よほど最初のシャッタータイミングがうまく
合わないと、全部ダメ写真になってしまします。
なので、最近はどのシーンを撮るかあらかじめ決めておいて、連射で
一枚狙いを絞って押すようにしてます。
連写で7枚も8枚も撮れればそこまで考えなくてもいいのですが、
今の機材で可能なことを限界まで挑戦し続けます。

タイトル

こんばんは。
バックが黒もいいですね。
scarletさんのお気に入りの写真で、私も好きな黒バックのカワセミを思い出しました。scarletさんとは、元々写真については仲間として誇りに思っていますが、生態についてはよく議論するんですよ。最近思ったんですが、結局はカワセミだけの事で議論しているし、カワセミオンリーなのはやはり同じ穴の狢だと思います。お互いがカワセミ病の重症なだけなのでしょうね。J.Jさんの所のカワセミのように、今後も仲良く、楽しくやりたいと思っています。
話は変わりますが、私はこんなところが気になります。それは写真で烏が写っているカワセミの後ろの土壁です。カワセミの巣穴の掘りかけが、いっぱい上にも横にも写っています。カワセミの嘴の先の穴、その周りの小さな穴は試し堀りだと思います。小さな穴を覚えておいてください。結構巣穴の下に有ります。でも巣穴を掘れる場所が多そうで、羨ましいですね。MFの護岸はコンクリートです。町では土壁はそう沢山存在しません。それでも、カワセミは何とか探してくるので凄いと思います。カワセミは偉い!!

タイトル

雛同士はともかく、成鳥までが共存しているのは面白いですね!
これからも複数のカワセミが居ついてほしいものです。

タイトル

>banさん
コメントありがとうございます。
背景が真っ黒で、カワセミが浮き彫りになる写真はわたくしの大好きな構図の
ひとつなんです。banさんも同じご意見とのこと、嬉しいです。
banさんもscarletさんもそれぞれの立場で素晴らしい知識や信念をお持ちなのは
とても素敵で羨ましい限りです。当然、意見や思いが交差することはありますよね。
でもそれはまた新しい知識として役にもたつのではないでしょうか。
MFではこれからも楽しく仲良くなさってくださいね。^^
こちらのMFでの土壁に関するお話ですが、お気づきのところは以前にもご紹介もしてますが、
何回もいろんな個体が一度は穴掘りを行なうのですが、近くに釣り人が来るため、
途中で諦めてしまうのです。確かに周りから丸見えなので、さすがにそこはあかんやろー
って感じですね。

タイトル

>kingfisherさん
昨日は幼鳥の二羽が離れたところで、鳴きあったり追いかけあったりと
それまでにはなかった行動がありました。追い出し行動→バトルとなるのでしょうかね。
でも成鳥とはどうなるのかな?
まだまだ気になるところですね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索